アメリカはなぜ右側通行

文化により変わる通行方向

右側通行で一番車の多い国は言うまでも無く、大陸国家のアメリカです。 左側通行でよく知られている国はイギリスや日本。 その国の通行基準は以外にも、 自動車の始まりより古く文化てきな所が多いそうです。 車が現代社会の一部になる前にも人は、道路で歩き、他の人と交差するわけですが、日本やイギリスが 左側通行なのは、侍や騎士が刀やサーベルを腰の左側にこしらえるため対向している人に当たらないよう、左を通行するそうです。 アメリカでは馬車に乗る 時、ブレーキが右側にある事から、右に寄って乗っていたそうです。

自動車メーカーとハンドルの設定

簡単な事から、みんなするようになり今日では交通法にまでなっている通行側は特に深い分けは無いそうです。 世界を統一した基準でまとめようと思っても莫 大な費用がかかり、損をする国と、何も変えなくて良い国がでるのでこればかりは変わる事が無いでしょう。

自動車メーカー的には ハンドルを変えないとその国に輸出できない事がありますが、最近ではイギリスや日本の自動車メーカーなどが運転パネルを車の中央に置き、海外輸出を図って コストを削減しています。 相変わらずアメリカは自国主流の考えで、右側通行の車しか作ってないです。 一つ豆知識ですが、アメリカの車は左ハンドルで海 外に輸出出来ても、アメリカが輸入する車は全て左ハンドルでないと販売できないようになっています。 日本のメーカーは全てのモデルをアメリカの基準に合 わせていますが、アメリカで一台だけ買えない日本車があります。 日産のスカイラインです、こんな理由もありアメリカの走屋などで幻のスポーツカーとして崇められています。

コメントを残す